パタヤ・サメサンへ日帰りダイビングは日本人用ダイビングショップ・ゴーゴーダイバース!
バンコクからパタヤ・サメサンへ送迎あり!Cカード取得や各種ライセンスコースも開催!

Professional Diving Shop in Thailand
よくある質問
  Q. オープンウォーターコース料金以外にかかるお金はありますか?
  A. 他にかかるのは当店の車をご利用した場合の海洋実習地までの送迎費だけです。
現地集合の方はかかりませんのでコース料金のみとなります。
値段等は料金表をご確認ください。
  Q. 使用する船はどんな船ですか?
  A. 船はダイビング専用の大型乗合船で快適です。乗合船なので色々な国の人と出会えます。
船にタンクとウェイトが用意してあります。
昼食は船内でタイ人のおばちゃんが作ってくれます。
  Q. 体験ダイブとFUNダイブは一緒の船ですか?
  A. 当店のお客様はランクに関係なく同一の船、同一スケジュールでツアーとなります。
ご希望であれば
体験ダイブとFANダイブで一緒にダイビングも可能です。
  Q. クレジットカードは使えますか?
  A. すみませんが現在使用できません。
現金でのお支払いをお願いしております。
  Q. Cカードって何ですか?
  A. Cカードの正式名称はCertification Card。つまり認定証の事です。このCカードは「所有者は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。また、このCカードには「オープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「スペシャルティ・ダイバー」など色々な種類があります。
正確にはCカードと言わなければならないのですが、知らないと理解しづらいためライセンスという場合もあります。
  Q. Cカードはなぜ必要なのでしょうか?
  A. ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望ををお受けできない場合もあります。あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです
  Q. Cカード取得までに何日位かかりますか?
  A. 最短で3日間です。基本的には申込時に教科書をお渡し、講習日までに自宅学習をして頂きます。自宅学習をした場合のみ学科&プール 1日・海洋実習 2日間で終了できます。連続3日間でも1日ごとにバラバラでも問題ありません。お申込〜Cカード取得まで1ヶ月くらいの方が多く、学科&プール終了 → 翌週土日でパタヤ宿泊しながら海洋講習というパターンが多いです。
  Q. 講習はどんなところで行うのですか?
  A. 学科講習はエカマイにある当店で講習します。
プール講習はお店から車で15分くらいのところにあるダイビング用プールを使用しています。
海洋実習
パタヤかパタヤより40Km南にあるサメサンで行います。
1日2ダイブ、合計4回のダイビングで修了します。
水温は年間通して27〜32℃と暖かいのですが、大きな川が近いため透明度はあまり良くありません。

  Q. オープン・ウォーターダイバーというCカードを取得すると、何が出来るようになるのですか?
  A. 自分たちでダイビング計画を立てて、インストラクターの引率無しで、講習を受けたのと同じかそれよりもよいコンディションで、限界内でのダイビングをすることができタンクのレンタルなどのサービスを受けられます。
最大深度は18mまでダイビング可能です。
また、PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・コースやスペシャルティ・コースなどのステップ・アップ・コースに参加することができます。
  Q. ダイビングを始めたいとは思うのですが、仕事が忙しくあまり時間がとれないのです。何か良い方法はないでしょうか?
  A. 12mまで潜ることが出来る「海で体験ダイビング」などの体験コースをご用意しています。これらを経験してから、オープン・ウォーター・ダイバー・コースに参加すると、体験ダイビングで経験したことをインストラクターの判断により、コースの1部として認めることができます。
また、スクーバ・ダイバー・コースでは、PADIのプロフェッショナルの引率のもとでダイビングする、という条件はつきますが短いスケジュールで取得する事ができます。(詳細はコース案内をご参照下さい。)1度このスクーバ・ダイバーの認定を受けておいて、お時間が出来たときに追加講習をしてオープン・ウォーター・ダイバーのCカードを取得する方法もあります。
  Q. 泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫でしょうか?
  A. スクーバダイビングの場合は、タンクからエアが供給されるので、息つぎの心配が要りませんし、浮力調整ができる器材のお陰でエレベーターのように沈んだり浮かんだりがボタンひとつで簡単にできてしまいます。また、フィンをつけているので、ひと蹴りでラクに進むことができます。このようにダイビングは、泳ぎの得手不得手とはさほど関係がないのです。
もちろん泳げたほうがベターですが、泳ぎ方と水面にカラダを浮かせておくテクニックは講習中にインストラクターが丁寧に指導しますから、ご心配にはおよびません。
ダイビングは、泳ぐというよりも、器材の助けを借りて水中をマイペースで気楽に浮遊する、そんなイメージでしょうか。どなたにも気軽にトライできる、それがダイビングの魅力のひとつでもあるのです。
  Q. 目が悪いのですが、ダイビングできるのでしょうか?
  A. マスクをすると水中ではものが1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.5ぐらいまでなら問題はないでしょう。それよりも視力が悪い方は、また心配な方は、水中マスクに度付きレンズを入れてご使用するのがベターですが、使い捨てのコンタクトレンズをお使いになっても大丈夫です。
  Q. スクールの受講費用がショップによって違うのはどうして?
  A. ひとつには単にパンフレット等に表示されている受講費用の内訳がショップによって千差万別だからです。例えば海洋実習に伴う旅行費用、それが含まれているか否かで費用は大きく変わってくるし、またどこで開催されるのか、宿泊施設によっても違います。
ポイントは、Cカード取得までにかかるトータルの費用がいくらで、表示金額にはどこまでが含まれているか、ということです。それらを確認し納得したうえでスクールに申し込むことをお薦めします。
  Q. まず最初に揃えたほうがいい器材は何ですか?
  A. とりあえずはやってみてからですね。このまま続けたいと思ったなら、3点セットと呼ばれているマスク、フィン、スノーケル、さらにスーツ、グローブ、メッシュバッグは値段もそこそこですしダイビング以外でも使えます。ダイブコンピューターは値段は高いですが、自分の安全を守ってくれる頼れるアイテムです。BCD&レギュレーターの重器材は値段も高く重いので購入するか悩むところです。ですが自分の重器材を手に入れたら毎回のダイビングが楽しくてたまらなくなるでしょう。
素材や機能によって価格に幅がありますが、自分のカラダに合ったものを選んでください。
スクーバダイビングショップゴーゴーダイバース 日帰りダイビング 料金表 良くある質問 リンク 申し込み記入事項
ライセンス取得まで ライセンスコース一覧表 ツアー予定表 店舗&スタッフ紹介 アクセスマップ お問合せ